借りる側には選択の幅が

一昔前までは、結婚や出産を機に住宅を購入するというのが主流でした。これには、人口や不動産価格が右肩上がりだったという事情も大きく関連していました。 ところが、人口が減少に転じた現在では、必ずしもそうしない世帯も増えています。定期賃貸借などの制度も整備され、借りる側の選択の幅が広がっていることも関係しています。 日本全体でみれば、人口は減少していますので、土地の価格が今後、高度経済成長時代のように上がり続けることは想定しにくくなっています。売るに売れない家や土地もありますので、全国規模で見れば、いわゆる家余りの状態になっています。 そうすると、貸すことを考える側も、条件を緩めたり、賃借人を誘致しやすいように賃貸物件のグレードを上げないと、賃借人を見つけることが難しくなります。これは、現代の賃貸住宅事情の大きな特徴とも言えます。同時に、借りる側からすると、選択の幅が広がることを意味します。物件の設備などの面でもそうですし、初期費用を抑えて借りる人を見つけたいというオーナーが増えることで、借りる側の経済的な面での選択肢が広がるということも意味します。 特に都心部や、地方でも中心部では、賃貸物件の数や種類が十分ありますし、借りる人にとっては有利になっています。入居審査も以前よりは柔軟になっていますし、高齢になり保証人を親族などに依頼出来ないといった場合にも、保証会社を利用することが出来るようになってきました。そこで、住宅を購入せずに、賃貸住宅を借り続けて生涯を過ごすということも可能になっているのです。 住宅に特別なこだわりが無く、自由度の高い生活を送りたいという場合には、賃貸住宅を上手く利用して、勤労収入がある内に頭金などを貯めておき、高齢になって賃貸住宅の選択の幅が狭まったらバリアフリーの住宅などを購入するということも出来ます。 いずれにしても、賃貸で過ごすという生活が自分たちのライフスタイルに合っていれば、そちらを選ぶことも出来る時代になっています。

数が多くなるから選ぶのに困る

転勤などで知らない土地に赴任する場合などに、どこに住もうかと悩むことがあります。住宅情報誌を見たり不動産屋さんを訪問しても物件の数が多いので何を基準に選ぶの ~ 続きはサブメニューから