価値と下落の速度が

不動産を一度購入した場合、いずれかのタイミングで売却するか解体して建て直すことになるのが一般的です。購入後、長い間住んでいると、その間に住宅事情が変わっていることもあります。 外部的な要因で住宅事情が変わってしまった場合には、価値の下落などを防ぐことは難しい面がありますが、そういった要因以外で住宅の価値を維持したり、住宅の価値が下落する速度を落とすには、何と言っても定期的なメンテナンスが重要です。 築浅の場合にはそれほど価値に差が出なくても、築年数が10年、20年と経っていくと、住宅の価値には大きな開きが出ます。ここで言う価値というのはあくまでも転売に際しての価格に関してで、税務上は20年以上経つと建物の価値は殆ど無いと評価されます。それゆえに、古くなった住宅の建物の価値を維持出来れば、固定資産税などは低いのに、快適に住むことが出来たり、転売の際にも良い価格が付いたりといったメリットがあります。 マンションなどの集合住宅の場合には、大規模修繕などが定期的に行われていることが重要で、その資金になる修繕積立金を未納している世帯がないことが大切になります。これについては、良心的な不動産会社であれば調べて教えてくれることが多いです。 一戸建ての場合は、マンションなどの集合住宅に比べて、管理やメンテナンスを持ち主の一存で決めるため、下落の速度により大きな差が出てきます。一戸建て住宅で劣化を出来るだけ防ぐ為には、屋根や外壁に定期的にメンテナンスを施して、建物の内部が雨や風にさらされないようにすることが大切ですが、屋根や外壁などの外回りは、比較的大規模な修繕で費用もかかるため、持ち主の意向で下落の速度は大きく変わってきます。 逆に言えば、中古住宅を購入する場合には、住宅の基礎や外壁、屋根などに従前の持ち主がどの程度メンテナンスを加えてきたかを吟味して、住宅としての基本的な性能の劣化速度を確認すると良いでしょう。

土地の値段も一緒だ

不動産というのはその時の状況において相場が変動するものです。住宅を購入する場合はしっかりと相場を把握することが大事です。これは土地の値段も一緒です。相場が変動するため ~ 続きはサブメニューから