持ち家は不要な時代へ

一昔前は持ち家を手に入れて暮らすというのは定番の考えだったのではないでしょうか。「夢のマイホーム」などと言われ、こぞって持ち家を手に入れようと努力される方も沢山いました。もちろん現代でも持ち家の人気は低くありません。やはり所有物件として生活できた方が何かと安心という事もあり、一戸建てやマンションを購入される方も沢山います。しかしながら、その一方で持ち家を敢えて選択せず、賃貸で生活を送るという方も大勢いますし、しかもその割合は増えています。正に持ち家を不要とする時代に突入している訳ですが、その背景にはどんな理由があるのでしょう。 持ち家が不要と考える方の理由は様々ですが、気軽さを求めている方が多いようです。物件を買った場合、自己管理の費用が掛かったり、気軽に引越しができない、賃貸生活の時よりも近所付き合いが多く必要になるなど、こういったポイントを煩わしく感じている方も少なくありません。 賃貸の場合ですと物件の管理費用が掛かりませんので、修繕などが必要になり突然大きな出費が発生する事もありません。また、気軽に引越しを行う事ができますので、その時のライフスタイルに適した住まいで暮らす事が可能です。そして賃貸ですと近所付き合いも最小限に留められますので、近所付き合いが苦手だったり煩わしいという方からすれば気分的にも楽に生活をする事ができます。このようなメリットが賃貸生活にはありますが、メリットに価値を置く方からすればわざわざ所有物件を手に入れずとも良いという考えになるのは極自然な事と言えます。 こういった理由が持ち家から離れる人が増えた理由の一つでもありますが、しかしながら経済的な理由も少なくありません。近年は雇用が不安定と言われており、経済的な不安を抱えている方が非常に多い傾向があります。そんな中で物件を購入するのは難しく、仕方なく賃貸生活という方もいらっしゃいます。つまり敢えて賃貸を選んでいる方もいれば、経済的な理由によって賃貸生活という方もいる訳ですが、両者の割合が増加傾向にあるのが持ち家比率が低下している一つの理由と言えます。

安くていいところへと

衣食住と言われるように、住環境は日々の満足度に影響を与えるものです。賃貸住宅に住んでいても ~ 続きはサブメニューから